ボルボV70R AWD

スポンサードリンク
850シリーズから、ステーションワゴンであるESTATE(エステート)がV70シリーズ、そしてセダンがS70シリーズへと変革を遂げた1997年2月から半年経った8月、ボルボは特別限定モデルとしてV70R AWDを市場投入しています。

この”R”の血統を受け継ぐV70R AWDが850シリーズのT-5Rや850Rから大きく進化していたのはその駆動系で、通常走行時は前95:後5となっている駆動力配分を、各ホイールの回転差に応じて最大前5:後95までに変化させることができる4WDシステムとなっていました。

エンジンは従来通り、排気量2,318ccのハイプレッシャーターボでしたが、各部が見直された結果として850搭載時と比較すると15psアップの240ps(AT)を発揮し、マルチリンクとなったリアサスペンションと相まって高い走行性能を実現。

エクステリアでは、当時としては大径であった16インチのアルミホイールやフロントスポイラーなどを標準装備し、そのスポーティさを誇示するルックスが特徴となっています。

そしてこのV70R AWD、1999年にも再び限定発売されていますが、その時のモデルは排気量が2,434ccとなり、最高出力は265psにまでアップしていますから、手に入れたいと思っていらっしゃるなら、この後期型がおススメです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。