ボルボV70現行型への過渡期

スポンサードリンク
1998年当時、世界的なヒットとなっていた850系とその後継の70系でしたが、850の登場からすでに7年が経過し、モデルとしては末期に近づいていました。この時期のボルボには目玉となるようなニューメカニズムは殆ど見られません。

1999年に発表された、2000年向けのニューモデルに搭載された機構などでニュースになったのは、わずかに”WHIPS”(後方追突された場合のムチ打ち軽減機構)が全車標準装備になったことぐらい。

そして、850ベースモデルの最期の”R”として登場したのが、その2000年モデル発表直後に発売された”V70R AWD”。このモデルは、ボルボ自慢のハイプレッシャーターボに改良を加えて265psを発揮し、専用のエアロパーツなどを装備していました。

その後、1999年11月にハイグレードである20バルブモデルに豪華装備を施した”V70 CLASSIC(クラシック)”を市場投入したのを最期に、850ベースのV70はその幕を閉じることになります。

この後、2000年4月にフルモデルチェンジを受けた現行型V70の初代が登場することになるのです。
posted by V70freak | ボルボV70の誕生
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。