THE ALL-NEW V70

スポンサードリンク
前モデルを順当な形態で進化させながら、立体感のあるキャラクターラインを取り入れることで、押し出しの強い精悍なフロントマスクを創出している、THE ALL-NEW V70。

切れ上がったヘッドライトと、アンダーに大きく回り込んだフロントバンパーの形状がスポーティなイメージを高め、ボルボで最も人気ある伝統のエステートとして、その名に恥じない新たな走りを予感させてくれます。

その走りに関してボルボは、今回のモデルチェンジを機に、V70初となる横置き直列6気筒エンジン(2.5T LEを除く)を搭載。ロングツーリングこそが、よりスムーズでパワフルな心臓を手に入れたV70の走りを楽しむステージ、と言わんばかりの設定が特徴です。

もちろんインテリアも様々な工夫がなされ、さらに広くなった室内も乗る人全てがリラックスして過ごせるファーストクラスのゆとりを実現しているのが魅力で、ボルボならではのセーフティ機構への安心感と相まって格別の空間を創出。

ラインアップは、2008年8月現在で、2.5Lに1車種、3.0Lに1車種、3.2Lに2車種の計4車種のバリエーションを持っていますが、気になるのは、”R”を冠するグレードがいつ市場投入されるかということ。近い内に、その福音のあることを期待したいですよね。

【ラインアップ】

・V70 2.5T LE(2.5Lターボ 200ps 6AT) 498万から
・V70 3.2 SE(3.2L 238ps 6AT) 575万から
・V70 3.2 SE AWD(3.2L 238ps 6AT) 600万から
・V70 T-6 TE AWD(3.0Lターボ 285ps 6AT) 770万から
posted by V70freak | ボルボV70最新モデル

V70 CLASSIC(クラシック)

スポンサードリンク
モデルチェンジ前の最終型として、モデルチェンジ後もその高い人気を誇るV70 CLASSIC(クラシック)。このモデルならではと言っても良い、洗練されたボディとインテリアデザインを自慢としています。

特に3次元的な曲面を持つリアサイドウィンドウは、スペシャリティに装備されるような美しさを持つガラスで、ボディラインとぴったりマッチしているところなどは、さすがボルボならではといった印象。

インテリアも高いユーティリティ性を備えながら、整然とレイアウトされたインパネやメーターフード、センターコンソールで運転席を取り囲むようにして適度なタイト感を与えてくれているのが、スポーティな雰囲気を醸し出しています。

もちろんステーションワゴンの定石であるラゲッジスペースも、リアシートが6:4分割のダブルフォールディング機能を持っていることで、積荷に応じたスペースを確保できる使い勝手の良いものになっているのもポイント。

そしてエンジンは伝統の横置き直列5気筒エンジンを採用しながら、4タイプ(5車種)のバリエーションを持っていますから、走りの好みに合わせてチョイスすることが可能になっています。

【ラインアップ(価格は新車時)】

・V70 CLASSIC(2.4L 170ps 5AT) 459万
・V70 2.5T CLASSIC(2.5Lターボ 209ps 5AT) 539万
・V70 AWD CLASSIC(2.5Lターボ 209ps 5AT) 579万
・V70 T-5 CLASSIC(2.4Lターボ 260ps 5AT) 629万
・V70R(2.5Lターボ 300ps 6AT) 743万
posted by V70freak | ボルボV70最新モデル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。